こだわり

【川嶋健司シェフのレシピvol.01】なすのKSJ風(川嶋醬)中華炒めの作り方

【川嶋健司シェフのレシピvol.01】なすのKSJ風(川嶋醬)中華炒めの作り方

 

一富士二鷹三茄子

 

今回は、初夢で見ると縁起が良いと言われるなす。

 

6月〜9月の夏から秋にかけて旬な食材ですが、年間通してスーパーや八百屋で見つけることができるため、重宝している方も多いはず。

 

 

今回は、現代人に不足しがちな食物繊維をしっかり摂ることができる、なすを使用した川嶋健司シェフ一押しのレシピをご紹介します!

 

 

 

なすのKSJ風(川嶋醬)中華炒めに必要な材料(2人分)

材料
茄子 3本
KSJ(川嶋醬) 大さじ2
キャノーラ油 大さじ3
鰹節 ひとつかみ
万能ねぎ ふたつまみ

 

 

 

KSJ(川嶋醬)とは?

 

~KSJ(川島醬・かわしまじゃん)~

 

これ1つで魔法のように味付けがグレードアップする、川嶋シェフオリジナルの中華万能調味料。

 

風味豊かな山椒の香りと、辛すぎずしょっぱすぎない絶妙なブレンドは、お料理の味の決め手に大活躍します。メインのお肉やお魚を引き立たせる、ソースやかけダレへのブレンドはもちろん、下味からトッピングまで多彩にお使い頂けます。

 

 

~こんな料理にお使い頂けます~<

 

餃子、唐揚げ、冷奴、納豆、トロロオクラ、カルパッチョ、ご飯、ラーメン、焼き肉、ローストビーフ、うどん、おでん、etc…まさに万能にお使い頂ける調味料です!

 

 

 

なすのKSJ風(川嶋醬)中華炒めの秘密の作り方レシピ

1.ピューラーで茄子をトラムキにして、隠し包丁を入れて、縦に6〜8当分にする。

 

※隠し包丁とは、材料が大きい場合に、中まで火を通しやすくするために、食材に対して入れる切り目のこと。

 

 

2.油をフライパンに大さじ3杯入れる。

 

 

3.フライパンから白い煙が上がってきたら、切ったなすを入れて、しんなりするくらいまで炒める。

 

 

4.お皿にきれいに盛り付ける。

 

 

5.お皿にのったなすへ鰹節ひとつまみ入れて、川嶋醬を大さじ2杯かけます。

 

 

6.仕上げに万能葱をふたつまみ入れて完成。

 

 

 

川嶋健司シェフからなすのKSJ風(川嶋醬)中華炒めを作るときのアドバイス

 

茄子に油を吸わせるように、ササッと炒め揚げることがポイント。

 

炒め過ぎると、なすの食感がなくなり、美味しさが半減するので気をつけましょう!

 

 

川嶋ジャンを使った、本格レシピまだまだあります!

 

時短で本格的な棒々鶏!ポイントは、〇〇なドレッシングと合わせると絶品です!

 

疲労回復には、トロロ&オクラの中華風冷奴!

 

鱈と季節野菜のヘルシー鍋!これ一つでバリエーションは無限です。

 

少ない油でカリッ!簡単美味しい油淋鶏!