【日本ワイン放浪者「西一進」】日本ワインの魅力発信vol.2富山県セイズファームのご紹介

【日本ワイン放浪者「西一進」】日本ワインの魅力発信vol.2富山県セイズファームのご紹介

 

日本ワイン放浪者の西です。

 

私は、東麻布のビストロチックでソムリエをしております。

 

また麻布十番と六本木で7店舗を経営する役員でもあります。

 

今回は富山県氷見市の高台にある、セイズファームさんのワインを紹介します。

 

出会いは3年前。

 

全くワインに詳しくない父親が、私と飲もうとお土産で買ってきてくれたのが最初です。

 

「まさか父からワインで教えてもらうこともあるんだな」と、思ったシーンでした。

 

その時に飲んだシャルドネが本当においしく。僕の記憶に残っていたのです。

 

とても人気のワイナリーですから、なかなかワインの入手も困難。

 

いつも数本入手してはすぐ無くなる、というはぐれメタル的なワインです。

 

「こうなったらワイナリーに行くしかない!」と鼻息荒く、家族旅行を口実にファームを訪れる事となるのです。

 

 

テイスティングルームで飲んだのは、

 

  • 2017年 シャルドネ
  • オジコシャルドネ
  • ロゼ

 

の3種類でした。

 

個人的にはオジコシャルドネに1番興奮!

 

イキイキとした酸味に、とにかくご飯食べたくなるような…そんな気分になりました。

 

オジコとは、この土地で「弟」という意味で、樽発酵を行うシャルドネの弟分的位置付けです。

 

このワインは、樽を使わずにステンレスタンクで作られます。

 

とても溌剌(はつらつ)とした上品な酸味。

 

そこに、グレープフルー、熟したレモン、白桃のニュアンスが溶け込み、自然に囲まれたワイナリーの情景のような、清廉さや温かみを感じることができるワインです。

 

贅沢にも栽培醸造家の田向さん引率で、ワイナリー巡りました。

 

2018年は夏の猛暑と悪天候で大変でした。

 

気温・雨・風などあらゆる自然との戦いだったと思います。

 

日照時間も少なめ。雨の量も多いこの土地。

 

ご苦労は絶えないと思うのですが、それもまた農業。ワインということなのでしょう。

 

こだわりである自社栽培で、目が届く範囲でのとても丁寧な仕事だから、ワインのクオリティは毎年向上していくのです。

 

田向さんがおっしゃっていた、僕なりのキーワード、

 

「ワインは風土をうつす」

 

本当に高い丘に立ち、富山湾や山を見下ろす風景を感じさせるワインなのです。

 

 

「ワインを含む、地元の食材で氷見に足を運んでもらう」

 

僕が行った日も車がいっぱい。併設のレストランも混み合ってました。

 

全てはこの氷見というワインと未開拓エリアにかけた、セイズファームチームの皆様には頭が下がります。

 

 

併設されたレストランや宿泊施設も、今度は利用したいです。

 

私がいる”ビストロチック”では、シャルドネ、オジコシャルドネはあいにく売り切れ(次回納品待ち)ですが、セイズファームさんが作る、激ウマのシードルはグラスでも飲んでいただけます。

 

 

ビストロチック

 

東京都港区東麻布3-7-8 イイダアネックス麻布十番 1F

 

03-6435-5900

 

ぜひともお越しください。

 

 

旨味が多く残る秘密は無濾過にあり

 

山形のイエローマジックワイナリー

 

樽熟成が醸し出す上質なワイン

 

甲州アメリカン樽熟成2017