【和田千奈の時短料理革命!】15分でできるメインディッシュ!ケチャップ利用の神技レシピ2種

【和田千奈の時短料理革命!】15分でできるメインディッシュ!ケチャップ利用の神技レシピ2種

お仕事や家事で平日は何かとバタバタしがちですよね。

 

それでも「手作りのご飯を家族に食べてもらいたい!」そんな方にお勧めの平日手軽に調理ができる、ちょっとしたコツやポイントを、時短本の監修している私の経験からも掲載していきます。

 

 

今回は、冷蔵庫の常備調味料「ケチャップ」を使って、調理時間約15分でできるメインディッシュレシピのご紹介です。

 

 

 

デミグラスソース風!豚こま切れ肉のミートボール煮

 

味付けはケチャップとウスターソース。

 

ミートボールもひき肉からつくるとパン粉を加えたり、捏ねる作業が必要であったりしますが、豚細切れ肉を使うことで時短となり、歯ごたえやボリューム感をアップすることができます!

 

 

 

豚こまミートボール材料(2人分)

 

 

材料
豚小間切れ肉 350g
塩・こしょう 少々
薄力粉 適量
玉ねぎ 1/2個
人参 1/3本
オリーブオイル 大さじ1
A:ケチャップ 大さじ3
A:ウスターソース 大さじ3
A:水 100mg
生クリーム 適量
パセリ 適量

 

 

 

豚こまミートボールの作り方

1.豚こま切れ肉に塩、こしょうをふって混ぜ、8等分にして丸め、表面に薄力粉をまんべんなくまぶす。

 

 

2.玉ねぎは薄切りにし、にんじんは皮を剥いて薄い半月切りにする。ブロッコリーは小房に分ける。茎の部分は皮を厚めに剥き、2センチ角に切る。

 

 

3.フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、1を入れて転がすように焼く。表面に焼き色がついたら、玉ねぎ、にんじん、ブロッコリーの茎を加えて炒め合わせる。

 

 

4.玉ねぎが透き通ってきたらAを加え、ふつふつとしたら蓋をして約5分煮、ブロッコリーを加えて1分煮る。

 

 

5.お好みで生クリームをかけ、刻んだパセリをふる。

 

 

デミグラスソース代わりのケチャップとウスターソースは、1:1が黄金比率!!

 

この配合でオムライスのソースなど、色々なお料理にアレンジできるので、覚えておくととても便利です!

 

 

 

トマトソースいらず!ケチャップ+トマトで簡単トマトグラタン

トマト缶を使わずに、ケチャップとフレッシュトマトがあれば簡単なトマトソースができます!

 

 

 

簡単トマトグラタンの材料(2人分)

 

 

材料
じゃがいも 2個
キャベツ 1/8個
ウインナー 6本
トマト 1個
A:ケチャップ  大さじ2
A:にんにく(すりおろし) 小さじ1/2
A:塩  小さじ1/4
A:こしょう  少々
ピザ用チーズ 50g
パン粉 1/4カップ
バジル 適量

 

 

 

簡単トマトグラタンの作り方

 

1.じゃがいもは皮を剥いて5ミリ幅に切り、水にさらして水気を切る。キャベツは食べやすい大きさに切る。ウィンナーは1センチ幅の斜め切りにする。

 

 

2.トマトは食べやすい大きさに切り、Aを混ぜ合わせる。

 

 

3.耐熱皿にキャベツ、じゃがいも、ウィンナーを入れ、ラップをふんわりとかけてレンジ600wで約5分加熱する。

 

 

4.別の直火対応の耐熱皿に3を入れて2をかけ、ピザ用チーズ、パン粉をのせる。

 

 

5.オーブントースターで約5分、こんがりと焼き色がつくまで焼き、お好みで刻んだバジルを散らす。

 

 

 

和田千奈から一言

 

生のトマトだけを使うのを比べて、ケチャップを入れることでトマトの酸味が和らぎ、うま味も加わります。

 

このソースは、ポークソテーやチキンソテーのソースとしてもおすすめですよ!その際は、豚や鶏肉をソテーして取り出し、このトマトソースをフライパンに一度入れて、軽く火を通してください。

 

 

どこのご家庭の冷蔵庫にもあるケチャップが、簡単・時短の美味しいソースに変身しちゃうのですから、使わないともったいないですよね!

 

今回は、メインディッシュとしていただけるメニューを2種類ご紹介致しました!忙しいときこそアイデア料理で楽しく乗り切りましょう♪

 

是非お試しください!