【和田千奈の時短料理革命!】火を使わずに完成!?ツナ缶で即席サラダビビンバ風丼

【和田千奈の時短料理革命!】火を使わずに完成!?ツナ缶で即席サラダビビンバ風丼

平日はお仕事や家事に何かとバタバタしがちですよね。

 

それでも「手作りのご飯を家族に食べてもらいたい!」、そんな方にお勧めの平日手軽に調理ができる、ちょっとしたコツやポイントを、時短本の監修している私の経験からも掲載していきます。

 

冷蔵庫に中途半端に残ってしまった焼肉のたれをうまく活用ができ、野菜をたっぷりとのせて、お肉の代わりにヘルシーなツナを使って調理をするので嬉しいことづくめ!

 

今回は、暑くなってきたこの時期でも火を使わずにさっとできる「サラダビビンバ風丼」をご紹介します。

 

 

 

サラダビビンバ風丼材料の材料(2人分)

 

材料
ツナ缶 2缶
焼肉のたれ 大さじ2
レタス 2枚
きゅうり 1/2本
にんじん 1/3本
カラーピーマン 1/2個
温かいごはん 丼2杯分(約400g)
卵黄 2個分
ごま油、いりごま、刻み海苔 各適量
豆板醤 適量

 

 

 

サラダビビンバ風丼の作り方

1.ツナ缶は缶汁を切り、焼肉のたれと和える。

 

 

2.レタスは細切りにする。

 

 

3.きゅうりは細切りにして塩もみ(分量外)して水気を絞る。

 

 

4.にんじんは皮を剥いて細切りにし、塩もみ(分量外)して水気を絞る。

 

 

5.カラーピーマンは種とワタを取り除き、薄切りにする。

 

 

6.器に温かいごはんを盛り、2、1の順でのせ、真ん中をくぼませて卵黄を落とし入れる。

 

 

7.ごま油をまわしかけて炒りごまをふり、刻み海苔を散らす。お好みで豆板醤を添える。

 

 

 

和田千奈おすすめ!アレンジも楽しめるサラダビビンバ風丼

 

ツナ缶2缶の代わりに、鯖水煮缶1缶でも作ることができます。

 

辛いものがお好きな方は、キムチをのせても美味しくいただけますよ。

 

また、カラーピーマンはパプリカでも代用できますが、その際は分量を1/4個にして作りましょう。

 

冷蔵庫の残り野菜でもアレンジできます。

 

 

火を使わずに調理ができるので、お子さんと一緒に盛りつけたり、ツナ缶と焼肉のたれを和えるお手伝いをしてもらってもいいのでは?

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

忙しい方必見!電子レンジを活用した時短のコツ

 

【和田千奈の時短料理革命!】平日重宝したいレンジのおすすめ活用方法と目安時間