【満木葉子の日本茶完全攻略法vol.5】老後資金捻出にも効く?!日本茶の飲み方

【満木葉子の日本茶完全攻略法vol.5】老後資金捻出にも効く?!日本茶の飲み方

こんにちは。日本茶アンバサダー協会の満木葉子です。

 

茶葉を購入しない人がその理由として「茶葉は高い」とおっしゃることがあります。

 

果たしてほんとうに、茶葉は高いのでしょうか?

 

検証してみたいと思います。

 

皿の上に置いてある日本茶の茶葉

 

 

 

ペットボトルティーと茶葉とでコスト比較

わかりやすいように500mlのペットボトルティーと比較してみましょう。

 

500mlのペットボトルティーの価格は、機能性の付加された170円くらいするもの、スーパーのPB商品で60円くらいの安いものもありますが、まあコンビニエンスストアで売っているものだとだいたい130円くらいでしょうか。

 

では、同じ500mlのお茶を茶葉でつくると、いくらかかるでしょうか。

 

100gで1,000円の茶葉を使用して水出しで作る前提で計算してみましょう。

 

500mlの水なので5gの茶葉を使いましょうか。

 

5gだと50円ですね。

 

浄水器がついていれば(まあついてなくても)水道水で日本なら作れるので、お水代はほとんどかからないですね。

 

気持ち、10円お水代を足したところで60円ですから、茶葉ならペットボトルの半額以下で500mlのお茶が作れます!

 

しかも、100gで1,000円の茶葉ならかなり美味しい冷茶がいただけるはずです。

 

実際にはもっとお手頃な茶葉でも十分に美味しい冷茶がいただけます。

 

 

 

茶葉で美味しくお茶を飲むだけで貯蓄が!

大学で授業をした際に、ペットボトルではなくマグボトルを机の上に置いている生徒さんが目立ちました。

 

中に何を入れてきているのかを訊ねたところ、「水」「日本茶」「マテ茶」「ハーブティー」などさまざまでしたが、そのほうがお金がかからないからそうしているということです。

 

しっかりしてますよね~。

 

老後の最低必要貯蓄金額2,000万円時代に直面している大人もいかがでしょうか?

 

だって、1日1本ペットボトルティーを今飲んでいる人は茶葉から作るだけで、差額分がざっくり月に2,000円、1年で24,000円、10年で240,000円、50年で1,200,000円が貯まるんですよ?

 

1日2本飲んでいるなら、月に4,000円、1年で48,000円、10年で480,000円、50年で2,400,000円ですよ?

 

どうでしょう?

 

茶葉で美味しいお茶を飲むだけで老後資金が!

 

ペットボトルティーは気軽に購入することができてありがたいのですが、茶葉もいいでしょう?

 

最近はスーパーでも日本茶のラインナップが充実しているところが増えたようです。

 

ぜひのぞいてみてくださいね。

 

え?めんどくさい・・・??

 

きましたね。。。

 

茶葉でお茶を飲まない理由第1位(わたし調べ)、「めんどくさい」。

 

では、けっしてめんどくさくない冷茶の作り方を次回レクチャーしますね!