お弁当

同じ食材で同時に2品!ぶりのオイスター炒め&ぶりの南蛮漬け風のレシピ

同じ食材で同時に2品!ぶりのオイスター炒め&ぶりの南蛮漬け風のレシピ

平日はお仕事や家事に何かとバタバタしがちですが、それでも手作りのご飯を家族に食べてもらいたい!

 

そんな方におすすめの、手軽に調理ができるちょっとしたコツやポイントを、私自身の経験からも掲載していきます。

 

今回は同じ食材を使って、同時に2品作るアイディアをご紹介します。

 

 

 

食材の使い回しでついでにもう1品!レンジも活用して手軽に調理

 

同じ食材を使って「ぶりのオイスター炒め」と、作り置きおかずの「ぶりの南蛮漬け風」を同時に作ります。

 

使う食材は共通してこちらの5点です。

 

  • ぶり
  • ピーマン
  • にんじん
  • 玉ねぎ
  • パプリカ

 

 

 

【材料】(2品各2〜3人分)

材料各種

 

材料 分量
ぶり 4切れ
少々
にんじん 2/3本
玉ねぎ 1/2個
ピーマン 2個
パプリカ 1/2個
片栗粉 適量
サラダ油 大さじ1
ごま油 小さじ2
しょうが(千切り) 1片分

 

 

調味料A
材料 分量
ポン酢 大さじ4
オイスターソース 大さじ2
塩・こしょう 各少々

 

 

 

【作り方】

①ぶりに塩を振り、出てきた水分をキッチンペーパーなどで拭き取る。

 

 

②にんじんは皮を剥き、分量の1/3を細切り、残りを乱切りにする。乱切りにしたにんじんはラップをかけて600wのレンジで約1分半加熱する。玉ねぎは分量の1/3を薄切りにし、残りを乱切りにする。パプリカとピーマンは分量の半量を細切りにし、残りを乱切りにする。

 

にんじん・玉ねぎ・パプリカ・ピーマンが千切りと乱切りにされた様子

 

 

③手順1のぶりに片栗粉を薄くまぶし、サラダ油を薄く敷いたフライパンで中火で熱する。こんがりと焼けたら取り出す。

 

 

④耐熱容器に半量のしょうが、細切りにしたにんじん、パプリカ、ピーマン、玉ねぎ、調味料Aを加えて600wのレンジで約2分間加熱する。手順3の半量を漬ける。(「ぶりの南蛮漬け風」)

 

耐熱容器で野菜を温める様子

 

ぶりの南蛮漬け

 

 

⑤手順3のフライパンの汚れを拭き、ごま油を敷いて残りのしょうがを炒める。香りがしてきたら残りの野菜、ぶり、オイスターソースを加えて炒め、塩、こしょうで味を整える。(「ぶりのオイスター炒め」)

 

ぶりのオイスター炒め

 

 

 

ワンポイントアドバイス

 

ぶりを炒めた後は、もう1品はレンジで出来るので、コンロの数が限られていても手軽に同時に2品調理ができます。

 

「ぶりの南蛮漬け」は作り置きおかずになるので、翌日のお弁当や、平日忙しい時のお夕飯にプラスできますよ。

 

ちなみに、半端に残ってしまった野菜類は、ナムルなどにすると常備菜にもなります。

 

ぜひお試しくださいね!

 

 

 

忙しい方必見!電子レンジを活用した時短のコツ

 

平日重宝したいレンジのおすすめ活用方法と目安時間

 

ヘルシー志向な方におすすめな記事

 

火を使わずに完成!?ツナ缶で即席サラダビビンバ風丼