スイーツ

【笑顔を咲かせるお菓子レシピvol.4】ウィークエンド(レモン風味)

【笑顔を咲かせるお菓子レシピvol.4】ウィークエンド(レモン風味)

皆様、お元気でしょうか? 体調はいかがですか?

コロナウィルス、目に見えないウイルスが猛威をふるっています。

 

どこまで手洗い、うがいすれば・・・と、神経質になります。私もお菓子教室を行う時は、これまで以上に神経質になっている自分を感じます。暗い気持ちにもなりますが、早く終息してくれる事を願っています。

 

このウィルスの影響で、子供も大人も、家にいる時間が増えて、家族の団欒、会話も増えたのではないでしょうか?

今日ご紹介するケーキは『ウィークエンド』です。

 

平日ってみなさん忙しいですよね。そして、「週末は何もしたくない。のんびりと家族、恋人と過ごしたい」。みなさんが思うことだと思います。

 

このケーキは、平日に作り、週末に家族、恋人とおしゃべりを楽しみながら食べるケーキです。幸せのケーキですね。

 

焼きあがった後に、グラスアローというお砂糖でコーティングをすることにより、生地も落ち着き、しっとりしてきます。

また、お砂糖でおおうので、常温で保存可能です。

 

『何しようかな?』と思った時、お子様と一緒に「ウィークエンド」作ってみてはいかがでしょうか?そして、週末まで待って食べる喜びを感じて下さい。

 

 

 

『ウィークエンド(レモン風味)』の材料

 

ウィークエンド(レモン風味)

 

材料(生地) 分量
2個
グラニュー糖 140g
1g
レモンの皮 1個
生クリーム 60g
小麦粉 110g
ベーキングパウダー 2g
溶かし無塩バター 40g
ラム酒 大さじ1

 

 

ウィークエンド(レモン風味)の生地材料

 

ウィークエンド(レモン風味)の生地材料

 

材料(グラスアロー) 分量
粉糖 50g
5g
レモン汁
※ライム・オレンジお好みで入れてください。入れなくても大丈夫です
7g

 

ウィークエンド(レモン風味)のグラスアロー材料

 

 

材料(コーティング) 分量
アプリコットジャム 大さじ2

 

 

 

用意する道具

  • ハンドミキサー
  • ゴムベら
  • スケッパー
  • ボール
  • パウンドケーキの型
  • はけ
  • 湯煎の用意

 

用意する道具

 

 

湯煎の準備

 

 

 

 

ウィークエンド(レモン風味)の作り方・レシピ

1.ボールに卵、グラニュー糖を入れ湯煎にかけて、ハンドミキサーで混ぜます。

 

卵とグラニュー糖

 

ハンドミキサーで混ぜる

 

生地の温度がぬるま湯ぐらいの温かさになれば、湯煎から降ろし白っぽく、筋が残るぐらいまで混ぜ合わせます。

 

白っぽく、筋が残るぐらいまで混ぜ合わせる

 

2.次に塩、生クリーム入れて混ぜます。

 

3.ふるった粉類、レモンの皮、溶かしバター、ラム酒をいれて混ぜます。

 

ふるった粉類

 

レモンの皮、溶かしバター、ラム酒

 

ボールに飛び散った粉は、ゴムベラで綺麗にしてから混ぜ合わせます。※ボールのまわりの飛び散りを綺麗にしながら、混ぜ合わせていきます。

 

ふるった粉類、レモンの皮、溶かしバター、ラム酒をいれて混ぜます

 

ボールのまわりの飛び散りを綺麗にしながら、混ぜ合わせていきます

 

4.生地が混ざれば型にながします。

 

生地が混ざれば型にながします

 

 

5.オーブンを160度に設定し35分焼きます。

 

オーブンを160度に設定し35分焼きます

 

 

6.焼き始めて5分経過したら、ナイフで生地の中央に筋をつけます。

 

焼き始めて5分経過したら、ナイフで生地の中央に筋をつけます

 

7.焼きあがったら、網にのせ粗熱をとります。

ナイフで筋をつけた所が綺麗にもりあがります。

 

焼きあがったら、網にのせ粗熱をとります。

 

8.アプリコットジャムを塗り、冷蔵庫で冷やします。

 

アプリコットジャムを塗り、冷蔵庫で冷やします。

 

 

9.グラスアローを作ります。 材料をボールにいれて混ぜ合わせます。

 

グラスアローを作ります

 

10.生地が冷えていたら、グラスアローを全体に塗ります。

 

グラスアローを全体に塗ります

 

 

グラスアローを全体に塗ります

 

165度2分焼き、グラスアローが透明になれば出来上がりです。

 

グラスアローが透明になれば出来上がり

 

 

 

タカコマムからワンポイントアドバイス

松田さん

 

『手数少なく効率よく混ぜるのが美味しさの秘訣』

【粉のまぜ方】

1.ボールの底の面にそって大きく円を描くように混ぜます。(5周ほど)

2.ボールの周りに飛び散った粉をゴムベラで中央によせ、(1)の要領で大きく円を描き混ぜ合わせます。

3.(1)、(2)の手順で数回まぜます。3回ぐらい繰り返すと綺麗に混ざります

※慣れるまではたくさんまぜるかと思いますが、慣れれば15周ぐらいで粉が生地に混ざります。手数少なく、効率よくまぜるのが美味しさの秘訣です。

 

 

 

併せて読みたい!タカコマムのお菓子レシピ

 

薄力粉で作る本格チョコスコーンレシピ

 

朝食にぴったり!バナナキャラメルケーキの作り方

 

おもてなしに最適!チョコシフォンケーキ