小売/卸売

日本文化「たまごかけごはん」に夢が溢れる

日本文化「たまごかけごはん」に夢が溢れる

2020年某日、東京駅構内で実施されていた、“たまごバイキング”。
こちらは、「たまごかけごはん研究所」が主催する卵の詰め合わせ販売があり、全国の卵かけごはんに相性の良い卵が、ピックアップされて一同に集まるイベントである。

卵を1個ずつ買えるシステムが素敵

 

たまごかけごはん研究所のユニークなポイントは、何と言っても「全国の鶏卵を1個ずつ選べること」にあるだろう。バラ売りを超えた“メーカーの垣根を超えたバラ売り”の極である。

 

鶏卵業界には、一般消費者にとっては、無関係のしがらみが存在する。
政治にも会社内にも派閥があるように、鶏卵業界にも様々な会議、協会、農協などの団体が、卵の販売ルートや価格を決めているため、出荷において、全国のメーカーの卵を一同に取り寄せられる店は皆無に近い。

 

テレビ朝日の「クレヨンしんちゃん」の主役、野原しんのすけ君が、フジテレビ放映の「サザエさん」に出てくるタラちゃんと同じ公園の砂場で和気藹々と遊ぶシーンを撮影することくらい難しい。

 

そのオトナ事情を超えた自由度と楽しさを「たまごかけごはん研究所」は提供している。

 

生産者の応援、そして食育。

 

「日本の卵を世界に発信することが目標」と語るのは、研究所の代表 上野貴史氏。(株)八絋の代表取締役として研究所を運営する。上野氏は2019年の4月10日からたまごかけごはん研究所を創設し、瞬く間にメディアの注目を浴びた。

 

たまごのPRではなくて、あくまで「たまごかけごはんをPRする」ことが使命。
たまごかけごはんは、卵は「生たまご」を使うことになる
たまごかけごはんによって、生臭みのない卵のアピールにも繋がるため、卵の生産者の自然のPRとなっている。

ニワトリとたまご、どちらが先でも、生産者の応援になる格好だ。

たまごかけごはんの食べ方は、1種類にあらず

 

たまごかけごはん研究所では、バラエティに富んだおいしい食べ方を提案している。ベーシックなものは、まず卵を溶いてとき卵を作る。この時には味付けをしないそうだ。

そして、ふっくら炊いたごはんに醤油を垂らして、“醤油かけごはん”(=SKG)を作る。
そして、シンプルに卵を混ぜる。これが、「サンライズ」という食べ方だそうだ。

この醤油をかけるタイミング(順番)を変えるだけで、食味が明らかに異なる。卵の美味しさをダイレクトに感じることができるのだ。

真似されても、鶏卵メーカーにとってポジティブなら〇

 

たまごかけごはん研究所は、「大企業にこのやり方はマネされてもよい」と上野社長は仰る。卵メーカーは真似ができない。新しいシステムは特に資本体力がある企業が取り入れることで地方創生ができれば善しとしている。

上野さんの目標は、たまごかけごはんの文化を世界に発信すること。たまごの生食の発信で、卵、醤油という日本文化を広めていくことである。文献では江戸時代で発祥したとされる、たまごかけごはん。300年の時を経て、海外でTKGが当たり前のように食する日も近いかもしれない。

 

編集後記

 

取材の帰り、自宅で滅多にやらないたまごかけごはんにトライした。いかに、時短な料理かを実感するべく、あえてチンして食べれる玄米パックを買った。

私はグルテンフリーを実行しているので醤油を使わない。そんなグルテンフリーの実践者にオススメなのが、「summer salt(サマーソルト)」という食べ方である。その名の通り、塩でシンプルに食べるもの。

 

 

溶き卵を作り、教わったやり方で数年ぶりに試食した。
ホスファチジルコリンが脳細胞を刺激し、流動性が高くなって頭が冴える感じがする。

脳内の神経細胞の流動性が高まると、接続部分であるシナプスの伝達性がアップする。早速、勢い余ってペンを執って記事を書いた。
夢が溢れる「たまごかけごはん」の魅力は果たして伝わっているだろうか。

 

新しいたまごかけごはんが、あなたの殻を破るキッカケになりますように。

 

(エモーショナルライター・井上 嘉文)